ペルーで一番のアンティクーチョを召し上がれ!

15 2月
2011年2月15日
LINEで送る

唐辛子やニンニク、ビネガーなどで味付けした肉を串焼きにした料理、 「Anticucho(アンティクーチョ)」。 鶏肉や牛肉など色んな種類がありますが、代表的なのは 新鮮な牛ハツを使ったアンティクーチョ・デ・コラソン・デ・レスです。

PE_0215_01

このボリューム! 冷えたビール、もしくはインカコーラ(ペルー産の黄色い炭酸飲料)がよく合います

このアンティクーチョ、「Anticucheria(アンティクチェリア)」と呼ばれる専門店だけでなく、 ペルー料理を出すレストランならほとんどの店で注文することができます。 基本的な調味料はほぼ同じですが、その配合や焼き加減は店ごとに特徴があり、 「この店のアンティクーチョが一番!」と贔屓の店を持つペルー人も少なくありません。

筆者のお勧めはこちら、 「Anticucho de la Tía Grima(グリマおばさんのアンティクーチョ)」。 ミラフローレス区の一角で長年親しまれている、アンティクーチョの屋台です。

PE_0215_02

おばさんの屋台は、モクモクと立ち上る煙とたくさんのお客さんが目印。 遠くからわざわざ車に乗って食べに来る人も多いんです

PE_0215_03

ちらがグリマおばさん。 もうおばあちゃんに近いお年ですが、毎晩現役でアンティクーチョを焼いています

グリマおばさんのアンティクーチョは、その味も然ることながら絶妙な歯ごたえが特徴。 さくっと噛み切れるほど柔らかいのに、ちゃんと適度な弾力もあります。 ぴりっとした辛さと炭火焼の香ばしさが口いっぱいに広がり、 思わず唸ってしまう美味しさです。

テレビや雑誌でもおなじみで、「ペルーで一番美味しいアンティクーチョ」にも選ばれました。 しかしこうした人気に甘んじることなく、ただただ美味しく焼くことに専念するグリマおばさん。 1973年の創業以来、変わらぬ味を提供し続けています。

PE_0215_04

真っ赤な火花を散らす炭。見るからに美味しそう!

しかし、現在おばさんの屋台は存続の危機にあります。 人気が上がるほど付近の渋滞はひどくなり、その煙やゴミの問題などから 地域住民が移転を求めているのです。 屋台という従来の形式ではなく店を持つことになると、どうしても経費がかかるため 一皿当たりの単価も上げなければなりません。

移転先などはまだ決まっておらず、当面はミラフローレス区の街角で営業を続ける予定。 懐かしい屋台の雰囲気を味わえるのも今のうちかもしれません。 リマに滞在されたら、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

★Anticucho de la Tía Grima★ 住所:Calle 8 de Octubre Cdra.3 Miraflores, LIMA 営業時間:月~土曜、19:00~23:00(無くなり次第終了) 一皿(2串+じゃがいも):7ソーレス(約210円) http://anticuchosdelatiagrima.com/ ※アンティクーチョのみの屋台なので、飲み物は持参することをお勧めします

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 ペルー情報 All Rights Reserved.