ベトナムの甘味「チェー」

01 5月
2009年5月1日

ベトナムデザートといえば、代表格のチェー。

01_01

私もその存在は、一番最初にベトナムを訪れたときに、ガイドブックで知りました。

ガイドブック等のイメージだと、カキ氷風のものを想像するかたが多いと思いますが、
チェーと一言で言っても幅広く、氷の入ったものの他に、
あたたかいぜんざいのようにそのままいただくものがあります。
ベトナム人は、一般的にチェーというとあたたかいものを想像するようです。

ただ、ガイドブックではカキ氷風チェーを紹介してはいるものの、
「現地では飲み物に氷を入れたり、氷を食べるのをやめましょう」
と書いてあることが多く、実際のところどうなのかという疑問が浮かぶと思います。

大方のお店では、一度沸騰させた水や、ミネラルウォーターを使った氷を使用しているのですが、
時折、生水をそのまま氷として使用することがあるそうで、こういったお店の見分けがつきにくい
為、注意喚起をしているようです。

私自身、こちらに在住して以来、食べ物でお腹を壊すことも度々ありますが、今のところ
チェーでお腹を壊したことはありません。
目安としては、ある程度信頼の出来るお店で食べることが大切です。
(市場の中や、露天など、定位置がないお店は心配なことが多いです。)
氷入りのチェーを食べるときには、レストランや、チェー専門の有名店、カフェなどで食べるようにしましょう。

栗や、芋、豆などを煮たものに、砕いた氷をたっぷりと入れ、最後にシロップやココナッツミルクなど
で味を調える冷たいタイプのチェーは、日本の宇治金時にも似た味わいです。
その他にも、専門店では、ゼリー状のものやナタデココっぽいもの、フルーツなども店頭に並んでいることが多く、
これらのトッピングは指差し注文で好きなものを選んで入れてもらいます。
色とりどりの具材は見ているだけでわくわくします。

01_02

また、暖かいチェーは、芋、栗、豆、実などを甘く煮込んであるぜんざいのような食べ物です。
レストランのデザートとして出てくることなどもしばしばあります。
お腹の弱い方、氷がどうしても心配な方はこちらを味わってみてください。

私がよくチェーを食べるレストランやお店をメモ的に下記へご紹介します。

日本から友達が来た際にも何度か案内をしているので(個人差はあるかと思いますが)
ふつうお腹の方はお墨付きです。

☆Quan an ngon
138 Nam Ky Khoi Nghia St., Dist.1, HCMC
(08)38257179

☆La Fenetre Soleil
2F 135 Le Thanh Ton St., Dist.1, HCMC
(08)38225209

☆Gold Fish
73 Mac Thi Buoi St., Dist.1, HCMC
(08)38225229

☆Bui Thi Xuan
111 Bui Thi Xuan St., Dist.1, HCMC
(08)38332748

(photo 01_03)

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 ベトナム情報 All Rights Reserved.