ヨーロッパでもっとも美しい花の都と言われるベルン。

05 10月
2010年10月5日

ヨーロッパでもっとも美しい花の都と言われるベルン。
ユネスコの世界文化財にも指定されています。
スイスに行ったら一度は見ておきたいヨーロッパの街並みです。

SW0901-0101

アルプスから流れる清涼なアーレ川が街をゆるやかに横切っています。
まるで絵葉書から抜け出したような中世の街並み。

ベルンの旗の紋章は熊。
アーレ川沿いに街の象徴の熊がいる公園ベーレンベングラーベンBärengrabenがあります。
熊公園の熊をながめつつ、アーレ川沿いを散歩するのがベルン市民の休日の過ごし方です。

SW0901-0102

SW0901-0103

ベルンの人達は、街の象徴である熊たちをたいへん可愛がって大事にしています。
公園周辺の石畳には、改修工事に寄付した市民の名前が記されています。

SW0901-0104

ベルンの街はとてもわかりやすい作りなので、のんびり散策するのには最適。
街の真ん中のメインストリートを中心に、両側に通りが続いています。
旧市街はベルン中央駅を出た所から始まります。

SW0901-0105

ベルン中央駅前は、バスやトラム乗り場がたくさんあり、とてもにぎやか。

SW0901-0106

ベルンのトラムはキュートな赤色。
中世風の石畳が敷かれた旧市街を横切っても絵になります。

SW0901-0107

駅から旧市街に向かうと、美しい石畳の街並みになります。
ベルンの見どころは時計塔Zeitglockenturm。
スイス語ではツィトグロックと言います。

SW0901-0108

街で一番古い塔で、12世紀は街の出入り口でした。
毎時4分前になると、中の仕掛けが動きだすので、時間になったら行ってみましょう。
中世の人々に交じって、熊もちゃんと行進に加わっているのでお見逃しなく。
時計塔前は、いつも観光客でいっぱいです。

旧市街通りの両側はアーケードになっていて、店やレストラン、カフェがたくさん連なっています。

SW0901-0110

SW0901-0111

SW0901-0112

雨でも濡れないでショッピングできるのがうれしいですね。
のんびりウィンドーショッピングしているだけでも楽しくなってきます。

SW0901-0113

SW0901-0114

店のウィンドーにも熊がよく登場しています。

SW0901-0120

時計塔のあるメインストリートには、一定の間隔で噴水が続いています。
どれも16~17世紀のもので、中世風のデザインがとても素敵。
もちろん熊の噴水もあるので探してみましょう。

SW0901-0115

SW0901-0116

噴水を眺めながら旧市街の風景を楽しんだ後は、テラスのカフェで休憩。
旧市街中心にある時計塔の近く、連邦議会前のベーレン広場Bärenplatz周辺には、テラス席のあるカフェがたくさん並んでいます。

SW0901-0117

ベルン市街を上から眺めるには、連邦議会の見晴らし台ブンデステラッセBundesterasseに登るのがおすすめです。

SW0901-0118

連邦議会周辺にはとくに警備員も立っていなくて、観光客でも気軽に入れます。
見晴らし台からはベルナーアルプスの白い山々を背景にアーレ川が横切る、絵葉書と同じ風景を楽しむことができます。

連邦議会の中庭では、街頭チェスを楽しむ人々も。

SW0901-0119

のんびり歩くだけでも中世の美しい街並みを堪能できるベルン。
何世紀にもわたって人々に踏まれてきた石畳を歩きながら、中世に思いをはせてみるのもいいですね。

SW0901-0121

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 スイス情報 All Rights Reserved.