品格溢れるスタイリッシュさ!ホスピタリティー精神も◎「シャマ・スクンビット」

06 4月
2011年4月6日
LINEで送る

前回に続きバンコクのアパートメント。今回ご紹介したいのは「Shama sukhumvit(シャマ・スクンビット)」。ホテル・アディクテットの方々には有名なシャマは香港ででも1、2を争う有名な快適サービスアパートメント。その「Shama(シャマ)」が、な、なんとバンコクにも出来ちゃいました!ということで早速、アパートメントへ入ってみましょう。

TL2011-04-01_01

アパートメントといっても、エントランスは、スタイリッシュなホテルそのもの。チェックインをすませるレセプションも落ち着いていて、スタッフのみなさんはMACノートブックを使用。お部屋に入る前に、スタイリッシュさを痛感してしまいました。

TL2011-04-01_02

「サービスアパートメント」という言葉を耳にすると、ロビーは、狭くてマンションのように簡素な感じを想像してしまうのですが・・・・・・。「Shama sukhumvit(シャマ・スクンビット)」はスゴイ!何がすごいって広いスペースに心からリラックスできちゃうソファー。と、ここまでは、シンプルでベーシック。ところどころに無造作(実は計算されているであろう。)飾られているお花がシンプルながらなアパートメントの素敵さをアピールしていました。

TL2011-04-01_03

私もチェックイン前にここのロビーでボーっと座っていたら、スタッフの方が良い「お水はいかがですか?」と、ガラスタンブラーとボトルに入った冷たいお水を絶妙なタイミングで持ってきていただき、感激!おもてなしの心を深く感じてしまいました。

TL2011-04-01_04

今回泊まらせていただいたホテルは、14階にあるリビングに1ベットルームのタイプ。第一印象は窓が大きくてとっても解放感があるアパートメント。キッチンは料理好きの人も大絶賛であろう思われるほど使いやすく、大きなオーブンもある!!アパートメントの近くには「VILLA MARKET」という輸入食品を中心にお肉、お魚までの食材が揃うスーパーマーケットがあるので、滞在時にはバッチリ料理の腕をふるえそう。実際、私がステイしていた時も、夕方に廊下を歩くと美味しそうな匂いがプーンと漂っていました。

TL2011-04-01_05

TL2011-04-01_06

ベットルームにはTVそして、何着でもバンバン入りそうなクローゼット。ベットももちろん寝心地はバツグンはいうまでもないですっ。

TL2011-04-01_07

女性としては、バスルームも重要。こちらは、バスタブとシャワールームが分かれているタイプ。シャワーはレインシャワータイプなのでシャワータイムの後はスッキリ。洗面所
に置かれているアメニティーはタイを代表するナチュラルハーブをふんだんに使ったブランド『HARNN (ハーン)』製品。置かれていたブラックライスソープは洗顔にもお勧めです。

TL2011-04-01_08

といってもこちらのアパートメントの一押しプレイスは屋外プール。バンコクの高層階の景色だけではなく、なんとも贅沢な作り・・・・・。

TL2011-04-01_09

その他にもジム、キッズスペースや、ビリヤードが置かれている娯楽スペースもアパートメント内にあり。

TL2011-04-01_10

ホテルのブレックファーストとは異なり、卵料理や暖かいメニューはありませんが、新鮮な野菜や、チーズ、ホカホカのパンが並ぶブレックファーストも1階ロビー奥スペースでサーブされています。

TL2011-04-01_11

バンコク滞在の足と言っても良いBTSスカイトレイン、BTSプルンチット駅とナナ駅に近く、JW マリオット ホテル バンコク (JW Marriott Hotel Bangkok)のほぼ裏手と立地も大変良い「Shama sukhumvit(シャマ・スクンビット)」。一人で、友達と、家族と。短期、長期滞在と。お部屋タイプのチョイスも幅広い、おもてなしの心をしっかり持った洗礼されたお勧めアパートメントでした!

TL2011-04-012

Shama sukhumvit (シャマ・スクンビット)

住所:39/1 soi sukhumvit2
Sukhumvit road,klongtoey
Bangkok 10110 , Thailand

TEL:+66 2 105 6000
FAX:+66 2 105 6001
WEBサイト:http://www.shama.com/index.php?_room=2&city_id=6

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 タイ情報 All Rights Reserved.