IHOPのパンケーキ

09 7月
2010年7月9日

ホットケーキのことをアメリカではパンケーキといいます。パンケーキといえば、アメリカのブレックファーストの定番。
アメリカには有名なパンケーキのお店IHOPがあります。「IHOP」というのは「International House of Pancakes」の略。

NY_0702_0201

日本には、アメリカのフードチェーンが沢山進出していますが、アメリカでこんなにメジャーなIHOPがなぜ日本にないのかと不思議に思っていましたが、実は日本ではすでに1970年代に長崎屋がIHOP社と提携し、関東や九州にIHOPをオープンしていたのですが、倒産してしまったようです。

IHOPは青い三角屋根で有名です。

NY_0702_0202

メニューのメインはパンケーキやワッフル、フレンチトーストなどの朝食ですが、他にもハンバーガーやチキンなど普通のダイナー(ファミレス)メニューもあります。
アメリカ人は、昼でも夜でもブレックファーストを食べたがる人が多いので、ダイナーでは、1日中、朝ご飯メニューを出すところが多いですが、IHOPは時間に関係なく、「朝食」を売りにしているようです。。
私もよくIHOPで、夕方にコーヒーにパンケーキと目玉焼きを食べたりします。
普通のダイナーでは、パンケーキは単品か、もしくは目玉焼きやソーセージ、ハムがついてくるのがほとんどですが、ここではオムレツ料理やステーキなどにパンケーキがついてくるメニューもあります。

今日は、目玉焼きの両面焼きに、ソーセージ、ハッシュブラウンポテトとパンケーキのセットを。

NY_0702_0203

テーブルの上にはいつも最初からコーヒーのポットが置いてあり、塩・コショウ・砂糖と共に、オリジナル、ブルーベリー味、バターピーカン味などのパンケーキ用のシロップが並んでいます。
それとは別に、パンケーキが運ばれてくる時には、また別容器に入ったメイプルシロップがついてきます。

IHOPは、1958年にJery Lapin氏、 Al Lapin氏、Albert Kallis氏の3人がカリフォルニア州で始めました。
第1号店は、同年の7月7日にロサンゼルスにオープンしました。
以来、アメリカ全国にチェーン展開しており、メキシコやカナダにも店舗を持ち、その数は世界で1460店舗以上となりました。
まだまだどんどん増え続け、いつかまた日本に上陸する日がくるかもしれませんね。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright© 2019 アメリカ情報 All Rights Reserved.